« 消しゴムはんこデビュー  | トップページ | 消しゴムはんこ 彫る準備 »

2006年7月 2日 (日)

言葉の発達

Conv0175  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先週の朝、NHKの「ピタゴラスイッチ」の「10本アニメ」を見ていた時のこと。話の落(おち)に、カメレオンがトカゲになり、しっぽを切る・・・という場面がありました。

 

柊くん  「とかげってなに? どうして、しっぽが きれるの?」

私と旦那さん   「・・・」 「トカゲ、知らない???」

私はその日のうちに、双子を連れて図書館へ行き、トカゲの書籍を何冊か借りて帰りました。さぞ、受付の方は、不思議に思われたかもしれませんが。

 

おかげさまで、柊くんは、トカゲにくわしくなりました。

  

 

こんなことが、柊くん(5歳)には日常茶飯事です。

 

玄関先で・・・ 

私      「柊くん、靴のかかと踏んでるから、ちゃんと靴         履きなさい!」

柊くん    「かかとって なに???」

 

朝食の時間 

私      「柊くん、ちゃんとお茶碗持って食べなさい!」

柊くん    「おちゃわんって なに???」

 

叱る気力が失われます(^_^;)ですが、その度に、彼はひとつひとつ言葉を覚えています。

 

2歳半から、少しずつ言葉が増えていった柊くん。少しみんなよりは遅いけれど、ひとつひとつ理解していこうね♪ 柊くんは、2歳の時に、言語治療士さんに診てもらった事があり、しあわせにも今のところ 毎日の生活に支障は全くなく、普通に幼稚園に通い遊んでいます。

 

ポケモンやムシキングのキャラクター名は、とてもくわしく、好きなものに関しては、大人もびっくりするほどの記憶力です。

 

それから、昨日、はじめて柊くん、生きているトカゲを見ました!ちょうどお庭にいたんです。普段は見ないふりをする私も、今日はトカゲを発見して、嬉しく思いました。

 

子供ひとりひとりの成長は、それぞれですが、4人分の成長の過程を見守る幸せを感じています。

 

もし、お子様で、2歳を過ぎても言葉が遅いな・・・と心配されている方は、専門の先生に診てもらうのもいいと思いますし、ご両親の判断で様子を見守るのもいいと思います。

私の育て方が悪いんじゃないかと、自分を責めたこともありました。でも今は、言葉が遅いというのも、その子の持って生まれた個性だと思えるようになりました。もちろん、話しかけ育児をするよう、気にかけています。

 

Conv0174 柊くんです。週末 花火をしました。

|

« 消しゴムはんこデビュー  | トップページ | 消しゴムはんこ 彫る準備 »

コメント

うん、うん、なんにしても発達に関しては人それぞれの個性ってありますね。
ようするに、得意かそうじゃないかってことだと勝手に理解しています。
それより、すぐに図書館に行って調べてあげてるkiyoさんに感動!私もできるだけ…と思いながらなかなかそこまでできませんよ!
みんなの成長を楽しんで毎日過ごしたいですね^^

投稿: ちゃむ | 2006年7月 4日 (火) 10時26分

図書館は、私が好きなので、通うことには全く苦にならないんです。ちょっと、柊くんに対して、私は一生懸命すぎるかな・・・と思うこともあるのですが、かわいいから仕方ない(^_^;)我が子ですもの。
でも、今朝は、「今度トカゲ見つけたら、しっぽ切ってみたい!」って恐ろしいことを。これに関しては、付き合えません(笑)

投稿: kiyo | 2006年7月 4日 (火) 14時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111842/10755874

この記事へのトラックバック一覧です: 言葉の発達:

« 消しゴムはんこデビュー  | トップページ | 消しゴムはんこ 彫る準備 »